書物を読めばよかった

映画「麒麟の翼初心者・劇場エディション」を見た。日本橋の欄干にもたれるようにして倒れて要る消息筋年男(中井貴一)。胸を刺された彼氏のメソッドに白い折鶴が一つ。
その些かあとに近くで商売品質を受けた青年がその父親のかばんを持ってあり、精強被疑方に。
青少年が派遣で働いていたスタジオです惨事で商売を失うが、本来労災承認がなるべき惨事を組合は隠していた。その代表が死者であり、キャッシュに困っていた青少年が恨みもあって殺したのだろうというベクトルで警察官の探索も進んでいたのだが・・・
阿部寛演じる部分の加賀という刑事が問い合わせを捉え、現実を探って行くという演説で、本当に、こりゃ映画にする必用もなかったような作でTVドラマを大きなスクリーンで見せられているような考えが終始していた。
映画系統に燃える部分も無く、台詞で説明してしまってあるような部分もあり、細やかといえば親切なのだろうが、まどろっこしい事態限りがない。
新垣結衣が真面目な青年の彼女を好演していたが、あえて言えばと言うため特にどうしてと言うことも無し。これはやはり小説を読めばそれで良いのだろうな。http://www.stichtingvakgroepreflexology.nl/