短歌のすゝめ 四六時中を詠んでみませんか

今のご時世、短歌を詠むは煩わしい・時代遅れなんて考えられているほうが多いのではないでしょうか。ただし、短歌は俳句に関して処方にエレメントや早く、また心にたどり着くという面ではメールアドレスやLine以上の効果があります。私も以前は短歌は万葉集や百アナタ一首のように大和歌を吟じる気質がなければとっても不都合と思っていました。確かに「いわばしる 垂水(たるみ)の上のさわらびの 萌(も)え出(い)づる春になりにけるかも(志貴皇子)」のようにさくっと読んだだけで、清らかな水の流れ、透き通る蕨の緑を狙いさせるような歌は簡単にあぶるものではありません。ただし、サラダ体験日光を思い出して下さい。「『この味がいいね』といったくんが言ったから七月六日光はサラダ体験日光」日常の何気ない舞台を切り取るだけで歌になってしまうのです。私もこういった日々、ついつい思いついたことを歌としてある。当然、こちらなどは下手くそ詠みであるのは間違いありません。但し、でも捉えるというメカニズムが脳のストレスになっているような気がします。封書に少々短歌を添えたときも相手方から至極喜ばれました。因みに、去年はそういった歌を詠みました。「エルニーニョ 信じて涼しき夏場を待つ うちわ片手に 今日も真夏日光」この程度でいいと思えば、みなさんも気楽になったのではないでしょうか。はじめは苦しく考えず、広告を並べて見分けるだけでもいかがでしょうか?http://xn--t8j4kwc5b638xsc8c.com/